chikune’s blog

写真撮影が好きな2人が、勝手きままに書いていく写真ブログです。

トラ柄のツグミ、トラツグミを撮影しました。

f:id:chiku-revo:20220124211037j:plainトラ柄のツグミがおりました。はい、そのままトラツグミと言います。

こちらは神奈川県立座間谷戸山公園におりました。

んー、この公園凄いっすね。

ルリビタキとトラツグミが観察できます。

 

こちらが普通のツグミです。

f:id:chiku-revo:20220124211255j:plain

シルエットは同じなんですけどね。

 

f:id:chiku-revo:20220124211417j:plain

f:id:chiku-revo:20220124211428j:plain

随分と攻めた柄でございます。

こちらの鳥も人気で多くのカメラマンが撮っておりました。

 

f:id:chiku-revo:20220124211625j:plain

f:id:chiku-revo:20220124211636j:plain

割と人慣れしているのか逃げるわけでもなく、気ままにウロチョロとしておりました。

夜中にヒョー、ヒョーと鳴くので、不気味なんだとか。

それゆえ、昔は鵺(ぬえ)と呼ばれて気味悪がられたとか。

 

f:id:chiku-revo:20220124211905j:plain

写真だと結構分かりやすく写っておりましが、枯葉なんかと同化して見つかりにくかったです。

奄美大島にはオオトラツグミなる鳥がいるそうです。いつか見てみたいなー。

アリスイという鳥が爬虫類みたいな姿をしていた

f:id:chiku-revo:20220117175720j:plain

蟹ヶ谷公園にて。

初アリスイでした。

最初ゴジラみたいなのがいるなーと思いましたもの。。

関東では冬鳥で、冬になるとアリスイ目当てのカメラマンもいるくらい人気だったりするみたいです。(東北だと夏鳥なので、夏に見られる)

 

偶然にも、ちょろちょろしているのを見ることが出来たので、撮ることが出来ました。

f:id:chiku-revo:20220117180050j:plain

トカゲみたいじゃないですか!?

 

f:id:chiku-revo:20220117180107j:plain

f:id:chiku-revo:20220117180120j:plain

ゴジラっぽくもある。

 

f:id:chiku-revo:20220117180241j:plain

f:id:chiku-revo:20220117180255j:plain

景色に溶け込んでて見失うと探すのが大変です。

 

f:id:chiku-revo:20220117180356j:plain

f:id:chiku-revo:20220117180423j:plain

アリスイという名前通りアリを食べます。

吸ってるように見えるだけで、実際は舌を使ってアリを食べるという事です。

 

f:id:chiku-revo:20220117180737j:plain

確かに吸ってるように見えますね。

 

f:id:chiku-revo:20220117180809j:plain

やっぱり爬虫類っぽい。。

 

f:id:chiku-revo:20220117180903j:plain

という感じで、幸運な出会いがありました。嬉しいっす。

 

【県立 座間谷戸山公園】念願の青い鳥、ルリビタキ♂に出会えました

f:id:chiku-revo:20220116181757j:plain

いつも通り蟹ヶ谷公園をうろついていたら、

カメラマンさんとお話する機会があり、ルリビタキの情報を貰うことが出来ました。

座間にある(神奈川)県立 座間谷戸山公園でルリビタキを撮ってきたという事でした。

撮ってきたという事は、今行けば会えるってことじゃないですかー!

という事で谷戸山公園に行って参りました。

 

それで、行ったはいいけど、この公園超広いじゃないですかー!!

www.zamayatoyama.kanagawa-park.or.jp

 

居た場所まで聞けばよかった。。

居そうなところをうろちょろしつつ、カメラマンさんに聞いたりなんかして。。

f:id:chiku-revo:20220116182352j:plain

いた!いたよ!!

ルリビタキでも青いのはオスだけという。メスは茶色なんですよね。

なので、これはオスです。念願のルリビタキオスを発見です!

 

f:id:chiku-revo:20220116182536j:plain

f:id:chiku-revo:20220116182604j:plain

おお、美しい。

森林の中だったので影になってしまい、難しい状態での撮影でした。

f:id:chiku-revo:20220116182729j:plain

杭の上が好きなようで。

f:id:chiku-revo:20220116182817j:plain

f:id:chiku-revo:20220116182913j:plain

逆行気味。

わきみずの谷からカエル沼への林道におりました。

もし行く方がいれば参考に。

 

それで、もういっぱつ。

f:id:chiku-revo:20220116183044j:plain

これもカメラマンさんに場所を教えてもらうという。幸運でした。

こちらは湿生生態園での撮影です。

f:id:chiku-revo:20220116183253j:plain

カメラ目線を貰ったり、

 

f:id:chiku-revo:20220116183343j:plain

丸太の中に入ったり、

 

f:id:chiku-revo:20220116183411j:plain

f:id:chiku-revo:20220116183425j:plain

丸太に乗ったり、元気に飛び回るルリビタキでした。

ルリビタキが居ることは確認できたのでまた行こうと思います。メスも見たい。

もう少し近くで撮れたらなーなんて欲が出てきてしまいます。

【シメ】モズと思いきや……

f:id:chiku-revo:20220115191026j:plain

どどーん、と。シメという鳥でございます。

なんか、ずんぐりむっくりしてますが、綺麗な色合いの鳥でございます。

冬鳥なので、関東ではこの時期にしか見られません。割と市街地にもいるそうで。

今回初めて見たなぁ。。

f:id:chiku-revo:20220115191015j:plain

モズかなぁと思ったのですが、なんかシルエットが違うなと考えてたら目の前に降りてきました。

 

f:id:chiku-revo:20220115191346j:plain

くちばしが太いですね。なんと30kgの力があるのだとか。

自分の握力よりあるんですけど。(ひ弱)

 

f:id:chiku-revo:20220115191519j:plain

後ろはこんな感じ。

後頭部がフランスパンみたいな色してますね(笑)

 

f:id:chiku-revo:20220115191642j:plain

ごめんて……。

正面からは凛々しいですね。

 

f:id:chiku-revo:20220115191740j:plain

冬の野鳥撮影は、いろんな種類の鳥が見れて楽しいですな。

 

目久尻川にモズが沢山いました!

f:id:chiku-revo:20220114224034j:plain

なんかぬいぐるみぽくて愛くるしい。

モズのオスです。

 

最近は神奈川県綾瀬市にある蟹ヶ谷公園での撮影が多いのですが、

この蟹ヶ谷公園に行く途中に、目久尻川というのがあります。

f:id:chiku-revo:20220114224241j:plain

ここから蟹ヶ谷公園に散歩していくのが最近のルーティンになっております。

 

f:id:chiku-revo:20220114224423j:plain

なんかカワセミが居そうだなぁ……。

 

f:id:chiku-revo:20220114224521j:plain

いや、居るんですけど。

鳴き声が結構聞こえるんですが、川が長く探すのに一苦労です。

それで、カワセミを探して彷徨っていたら、

f:id:chiku-revo:20220114224709j:plain

f:id:chiku-revo:20220114224631j:plain

モズ♀

 

f:id:chiku-revo:20220114225009j:plain

f:id:chiku-revo:20220114225023j:plain

f:id:chiku-revo:20220114225043j:plain

モズ♂

オスは目に黒いラインが入っています。

威圧感はなく、むしろかわいい。

 

f:id:chiku-revo:20220114225157j:plain

モズ♂

 

f:id:chiku-revo:20220114225225j:plain

モズ♂

オスがいっぱい居ました。

飛び回ってる同じモズを撮ったという可能性もあるわけですが、

流石に個体を判別は出来ません。。

慣れれば判別出来るのかな……?

 

モズ自体珍しい鳥ではありませんが、神奈川では冬の時期にしか見れないので今が旬を迎えているといった具合です。

 

しかし結構人間を警戒するので、近づくのは難しかったりします。

思いのほかモズが可愛くて眼福でした。

【ジョビ男】近すぎちゃってどうしよう

f:id:chiku-revo:20220110171841j:plain

今回も撮れました。

ジョビ男くんこと、ジョウビタキ♂です。

今回は神奈川県綾瀬市にある蟹ヶ谷公園にて。結構居るもんですね。

こちらは鳴き声から見つけることが出来ました。

 

f:id:chiku-revo:20220110172032j:plain

最初はこんな感じで見つけました。

f:id:chiku-revo:20220110172054j:plain

f:id:chiku-revo:20220110172103j:plain

f:id:chiku-revo:20220110172114j:plain

キョロキョロしつつ、パタパタとこちらにやってきました。

f:id:chiku-revo:20220110172143j:plain

めっちゃ見られてる。

寄ってきたのはそっちからだからな!!

f:id:chiku-revo:20220110172224j:plain

f:id:chiku-revo:20220110172252j:plain

シャッタ音で逃げちゃうかなーと思いきやそんなことはなく。。

むしろどんどん寄ってきます。

ここからはノートリミング。(写真サイズの切り取り無し)

 

f:id:chiku-revo:20220110172334j:plain

f:id:chiku-revo:20220110172442j:plain

望遠レンズでの撮影ですが、画面いっぱいです。ピントもギリギリです。

でもまだ更に寄ってきます。

f:id:chiku-revo:20220110172517j:plain

f:id:chiku-revo:20220110172548j:plain

f:id:chiku-revo:20220110172558j:plain

これ以上は!!

 

と、ここまででした。

こちらがじっとしていると警戒心がなくなるのでしょうかね。

楽しいひと時でした。

枯草にてアオジを発見。

f:id:chiku-revo:20220109220621j:plain

ようやくアオジをちゃんと目視出来ました。

 

www.chikunebuta.com

以前は遠くで何とか撮れたという感じでしたが、今回は割と近くで撮ることが出来ました。

 

f:id:chiku-revo:20220109220820j:plain

f:id:chiku-revo:20220109220832j:plain

妙に手が可愛い。

目の周りが黒いからこれはオスですかね。

以前撮ったアオジはメスですので、興味がある方は比べてみてください。

 

チッチッっと声は聞こえるのに、なかなか姿を見せてくれない警戒心が強い鳥でした。

ですので、その場でじっと待つことにしてみたら姿を見せてくれました。嬉しい。

 

f:id:chiku-revo:20220109221211j:plain

カメラ目線を貰いつつ、

 

f:id:chiku-revo:20220109221239j:plain

f:id:chiku-revo:20220109221249j:plain

しばらく写真を撮らせてもらいました。

年明け辺りからいろんな野鳥を撮ることが出来てきました。

野鳥撮影は冬の時期が面白いです!

Z50と500㎜レンズで野鳥を撮る。

f:id:chiku-revo:20220108163209j:plain

いや、前からZ50は使ってたんですけども。

Z6とZ50の2台を使用して写真を撮っているわけですが、野鳥撮影ではZ6を使う事が多いです。

もともとD610を使っていたのもあり、フルサイズ機のZ6を使う事が多いです。

Z6もZ50もカワセミの飛び込みシーンを撮影するのは得意ではないですが、止まっている小鳥などの撮影では普通に使えます。

 

Z50と本ブログではお馴染みのAF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VRの組み合わせです。

・ハクセキレイ

f:id:chiku-revo:20220108202047j:plain

 

・ヒヨドリ

f:id:chiku-revo:20220108202101j:plain

実はZ6とZ50では、Z50の方が鮮明に写っているのではないかと思われます。

野鳥撮影ではトリミングをほぼ行いますので、APS-Cでも2,088万画素あり、ローパスフィルターレスであるZ50の方が鳥の毛並みを鮮明に写るのではないかと思います。

 

・カイツブリ

f:id:chiku-revo:20220108202652j:plain

 

・シロハラ

f:id:chiku-revo:20220108202940j:plain

シロハラは今回が初。

 

・シジュウカラ

f:id:chiku-revo:20220108203231j:plain

f:id:chiku-revo:20220108203253j:plain

鳥の毛並みは模様みたいで美しいですね。

 

・モズ

f:id:chiku-revo:20220108203343j:plain

 

・メジロ

f:id:chiku-revo:20220108203404j:plain

f:id:chiku-revo:20220108203428j:plain

f:id:chiku-revo:20220108203515j:plain

今回は実を食べている所を撮れました。

・ジョウビタキ

f:id:chiku-revo:20220108203558j:plain

f:id:chiku-revo:20220108203612j:plain

今回もオスを撮影。一度見つけてしまえばこちらのもの。

縄張りを持っているジョウビタキですので、同じ場所に行けばたいてい見つかります。

 

ここまでで約2時間の散歩でした。

Z50のバッテリーがなくなり、今回は終了。

んー、バッテリー減りが早いのがZ50のデメリットですかねー。

そして、Z50用のバッテリーはどこに行っても売り切れという。。

これ以上の撮影する場合は、スマホ用の充電器で充電をしながら撮影します。

 

とはいえ、これだけ撮れて遊べる小さいカメラという点では、かなり良いカメラであると実感しております。

【ジョビ子さんと】ジョウビタキのメスとオスを見比べてみる【ジョビ男くん】

f:id:chiku-revo:20220106234350j:plain

似てないないようで、似ている。

いや、やっぱり似ていないジョウビタキのメスとオスです。

上がメスで下がオスです。

 

・メス

f:id:chiku-revo:20220106232956j:plain

・オス

f:id:chiku-revo:20220103191454j:plain

 

前回ジョウビタキオスが撮れたので、並べてみたいなーと思ったので並べてみました。

オスの配色はどうしてそうなったのか聞いてみたいくらい奇抜ですよね。

しかし、実際見てみるとあまり目立たないんです。

 

f:id:chiku-revo:20220106233152j:plain

f:id:chiku-revo:20220106233348j:plain

たまたまなのかもしれませんが、

オスの方があまり表立って行動してくれないんですよね。

茂みというか、あまり見つからないような場所にいました。

 

f:id:chiku-revo:20220106233321j:plain

f:id:chiku-revo:20220106233333j:plain

メスの方が堂々としてます。人慣れしてるんですよね。

そんな事が気になる今日この頃でした。

ふれあいの森でジョウビタキオスを発見。

f:id:chiku-revo:20220103190235j:plain

ようやくちゃんとジョウビタキのオスを見つけることが出来ました。

いつもは泉の森でジョウビタキ探しをしているのですが、

メスしかいなかったので隣接しているふれあいの森で探してみました。

www.yamato-zaidan.or.jp

 

f:id:chiku-revo:20220103185239j:plain

最初はヤマガラかなーと思いましたが、ヤマガラよりも橙色が濃かったのでこれはもしやジョウビタキのオスなのではないかと様子をみることに。

 

f:id:chiku-revo:20220103185826j:plain

今回一番大きく撮れた写真です。やはりメスと比べると色が奇抜ですね。

 

f:id:chiku-revo:20220103191013j:plain

f:id:chiku-revo:20220103191036j:plain

ウロチョロしていて何とか撮るのが精いっぱいでした。

メジロを縄張りを取り合っている感じでした。

 

f:id:chiku-revo:20220103191454j:plain

メスと違い、あまり表に出てきてくれませんでした。

人慣れしてないのかもですね。

 

いる場所が分かったので、また探しに行ってみようと思います。

再び蟹ヶ谷公園で野鳥撮影。

f:id:chiku-revo:20211230213443j:plain

再び蟹ヶ谷公園に行ってきました。

 

www.chikunebuta.com

 

前回は雨が降りそうな天気だったので、今回は晴れている日に行ってまいりました。

f:id:chiku-revo:20211230215350j:plain

ちなみに晴れていると富士山が見えます。この時期の富士山は寒そうですね。

 

それでは、今回見つけた鳥を以下に貼り付けていきます。

f:id:chiku-revo:20211230214119j:plain

タヒバリです。初めて撮影した鳥です。

場所を変えると見れる鳥も変わってきますね。

f:id:chiku-revo:20211230214400j:plain

f:id:chiku-revo:20211230214318j:plain

トビですかね。舞ってました。

クマタカかな?と思ったけど、クマタカはもっと羽根が丸みを帯てるようです。

(違ったらご指摘ください)

 

f:id:chiku-revo:20211230215541j:plain

f:id:chiku-revo:20211230215604j:plain

f:id:chiku-revo:20211230215618j:plain

カワウです。羽根が綺麗ですね。緑色の目も美しいです。

 

f:id:chiku-revo:20211230215845j:plain

アオサギと一緒に。なんかカップルみたいな近さですね。

仲が良いのだろうか。

 

f:id:chiku-revo:20211230215952j:plain

そしてカワセミ。やはりカワセミが良く来ます。

なので、カメラマンも10人くらいいたかな?ちょい人気スポットであります。

 

f:id:chiku-revo:20211230220007j:plain

f:id:chiku-revo:20211230220138j:plain

f:id:chiku-revo:20211230220150j:plain

この蟹ヶ谷公園は陰になるところが少ないので、

シャッタースピードも速くすることが出来ます。

f:id:chiku-revo:20211230220347j:plain

2回行って2回見れてるので、カワセミ目当てであればやはり蟹ヶ谷公園は良いかもしれません。

 

f:id:chiku-revo:20211230220430j:plain

f:id:chiku-revo:20211230220443j:plain

モズのオスです。目の黒い過眼線が特徴です。

これが見たかった……!

f:id:chiku-revo:20211230220745j:plain

f:id:chiku-revo:20211230220809j:plain

f:id:chiku-revo:20211230220758j:plain

止まり木のモズ。こちらはだいぶ警戒してますね。

 

f:id:chiku-revo:20211230220904j:plain

f:id:chiku-revo:20211230220921j:plain

f:id:chiku-revo:20211230220942j:plain

そして、冬のスズメ。丸々と太ってますね。

冬の備えて脂肪を蓄えております。

 

とりあえず今回はこんな感じです。

これで、ルリビタキが見れたら最高なんですけどねー。

それでは。

12月のカワセミ。

f:id:chiku-revo:20211223212820j:plain

相変わらず綺麗なブルー羽根を持っているカワセミでございます。

ジョウビタキを追う今日この頃ですが、カワセミが稀にやってきてくれます。

f:id:chiku-revo:20211223212939j:plain

f:id:chiku-revo:20211223212752j:plain

f:id:chiku-revo:20211223212802j:plain

飛ぶところを撮ろうとしたのですが、やはり上手くいかず。

たまには佇んでいるところを撮ろうと趣向を変えてみました。

画質重視でございます。

 

f:id:chiku-revo:20211223213100j:plain

f:id:chiku-revo:20211223213110j:plain

f:id:chiku-revo:20211223213130j:plain

晴れたり曇ったりで、羽根の色の印象も違います。もちろん個体差もありますけど。

光の入り方で色々な青色が見れるのがカワセミの魅力の一つなのではと思います。

 

f:id:chiku-revo:20211223213145j:plain

うーむ。うっとりするほど美しい。

ヒヨドリとイイギリの実

f:id:chiku-revo:20211219160553j:plain

最近、ヒヨドリが赤い実を食べているのを見かけます。

この赤い実、イイギリという木になる実でございます。

クリスマスリースを作る人はご存じかもしれませんね。

色鮮やかな赤なので飾りに使うと映えます。

 

f:id:chiku-revo:20211219160809j:plain

なんだか美味しそうに見えます。

このイイギリの実、人間も食べられるのですが苦いようです。

なので美味しくないみたいですよ。ヒヨドリはどう思ってるのか知りませんが。

勇気ある方は食べてみるのも良いかもしれません。

南天と似ておりますが、南天は毒がありますので、生では食べないようにです。

こちらのイイギリは生でもいけるみたいですが。

f:id:chiku-revo:20211219160839j:plain

f:id:chiku-revo:20211219160851j:plain

f:id:chiku-revo:20211219161147j:plain

テイクアウト。

ピンボケした。くそー。

 

f:id:chiku-revo:20211219161232j:plain

f:id:chiku-revo:20211219161221j:plain

器用に食べてます。

 

f:id:chiku-revo:20211219161313j:plain

f:id:chiku-revo:20211219161321j:plain

ポーズも取ってもらいました(?)

 

f:id:chiku-revo:20211219161349j:plain

それでは、今回はこのへんで。

ワカケホンセイインコがやってきた。

f:id:chiku-revo:20211217221534j:plain

なんかド派手な鳥がやってきました。

いや、まぁインコなんですけど。

名前は、ワカケホンセイインコと言います。

漢字だと輪掛本青鸚哥。絶対書けねぇ。。

 

f:id:chiku-revo:20211217221729j:plain

輪掛(ワカケ)という名前が付いているのは、首に黒い輪っかがあるからなんですけど、写真のインコはないんですよね。輪があるのはオスなんだとか。

若いオスやメスには輪がないみたいです。

若いオスかメスという事ですね。さすがに見分けがつきませんが。

f:id:chiku-revo:20211217221923j:plain

鮮やかな黄緑色ですね。

インド、スリランカ原産の鳥らしく、

飼われてたものが逃げたか、もしくは放たれたものが野生化したものなんですって。

ガビチョウと同じく外来種ですね。

www.chikunebuta.com

 

f:id:chiku-revo:20211217222213j:plain

カメラ目線。

最近、神奈川や東京や埼玉で繁殖しているらしいです。

www.chikunebuta.com

 

そういえば、去年も見たような。。