chikune’s blog

写真撮影や腕時計など興味があるものを発信していきます。

僕が行っていた長時間露光の写真撮影は全然「長時間」ではなかった。

gigazine.net

 

ツイッターで上記の記事が流れてきたのですが、これはスルー出来ませんでした。

自分の撮っている長時間露光は、レンズにNDフィルターを付けることによって光をセンサーに取り込みにくくしております。

 

www.chikunebuta.com

 

そもそも僕のやっていることは本末転倒で、長時間露光をやるのであれば、

ピンホールカメラでの撮影が最適なのではと思います。

斯く言う自分も、ピンホールカメラの撮影方法をヒントに撮っております。

まー、通常のレンズを使っての写真も撮りたいので、こういった撮影をしているのですが。

 

閑話休題。

それでこの記事、すごいですよねー。

シャッタースピード8年1か月(2953)ですよ。

生まれた子供が小学生になってる時の流れですよ。。

すごいですよねー。(2回目)

 

幻想的で素晴らしいです。

何が何だかわかりませんが、こういうのはこれで良いなーと思うのです。不思議と。

 

写真って特にレンズも必要なくて、

センサーに光が入ってくれさえすれば撮れるという事なんですよね。

光が入る穴さえあれば良いわけです。

この場合はビール缶に穴を開けたのかな?それとも飲み口からなのだろうか。

 

レンズはレンズで効率的に光を集めるものなので、これも凄いのですが。

8000分の1秒で普通に写真が撮れるってそう考えると凄いですね。

 

長時間露光の世界も奥が深いことを実感させられました。

 

ちなみに僕が撮影している長時間露光のシャッタースピードは約3分。

全然、「長時間」ではありませんでしたね。

 

と言いつつ、

紛らわしくなってしまうので、今後も「長時間露光」という言い方は続けていきます。

f:id:chiku-revo:20201005202948j:plain